キャンピングカーでの注意点を知っておこう

車内で宿泊できるキャンピングカーは、とても便利な車両です。しかし、正しい使用をしなければ、危険もあるのです。注意点を守って、快適なキャンプをしてみましょう。まずキャンプ場までの移動があります。運転前に車両のタイヤなどを点検しておく事をお勧めします。多くの設備を積んでいるので、それだけタイヤに負担がかかるからです。タイヤの確認だけではなく、必ず空気圧調整もしておきましょう。

自分で所有しているキャンピング用の車両であるのなら、専門業者にメンテナンスをしてもらうのも効果的です。シーズン以外は使用しないのであれば、使用前にプロに点検してもらう方が安全です。それから、保険についても、事前に確認しておくべきです。キャンプでは様々なトラブルが予想されるので、どの範囲まで保険の対象になっているのかは重要です。牽引するタイプである場合、二つの車両が存在するので、それぞれの保険を確認する必要があります。そして、実際の運転では、いつもよりも注意して運転するべきです。キャンプ場は離れた場所にある事が多いので、道案内をしてくれるカーナビがあると安心です。それから、キャンプ場に到着したら、指定された駐車場の設備が使えるか確認しましょう。電源や水道はすぐに確認して、異常があったらすぐに管理人に知らせるべきです。それから、キャンプ場は開放感があってワクワクしますが、車両を離れる時には施錠をしっかりした方が安全です。

外から車内が見えるので、貴重品をそのまま置いておかない方が良いでしょう。多くの人が出入りする空間なので、防犯には気を配るべきです。そして、空調などを使うとバッテリーを消耗するので、使わない家電はこまめに電源を切っておく事をお勧めします。どのような空調設備になっているのかは車両によって異なります。特に注意したいのが、炊事用の設備です。火災の原因にもなるので、取扱説明書以外の使い方はしないようにしましょう。キャンピングカーではオール電化が多いのですが、カセットコンロなどでガスを使用する事があります。その時には、きちんと消化を確認するべきです。なお、キャンプ場は、他の方も利用します。隣の駐車場にどのような方々が宿泊するのかは重要です。口コミで予め評判の良いキャンプ場を調べておくとスムーズです。静かに眠る為にも、良い環境があるキャンプ場を選ぶ事をお勧めします。キャンピング用の車両の整備だけではなく、良い駐車場所を選ぶ事も大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*